料金表・自費と保険の違い

かじはら歯科医院の治療費のご紹介

かじはら歯科医院の治療費のご紹介

JR奈良線「平城山駅」より徒歩10分、高の原駅発の左京循環バス「左京6丁目」バス停前の歯医者「かじはら歯科医院」は、お口全体の包括的な治療をご提供する歯医者です。むし歯や歯周病治療、セラミックを使った治療やホワイトニング、入れ歯治療やインプラント治療など患者様のお口の状態やご要望に合わせて保険診療にも自費診療にも幅広く対応します。こちらでは、料金表をご提示しますので参考になさってください。実際の費用は治療前のカウンセリングの際にご説明します。お気軽にご相談ください。また、自費診療と保険診療の違いや、医療費控除のご説明もございます。

料金表

保険診療(3割負担の場合)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

初診料 740円
再診料 140円
レントゲン お口全体 1,210円
小さいもの 140円~170円
歯のクリーニング 検査 300円~1,200円
※残っている歯の本数による
管理料 330円 + 180円(2ヶ月に1回)
片顎 430円
両顎 770円
SRP
(歯ぐきの溝の中の歯石除去)
前歯1本 180円~
小臼歯1本 190円~
大臼歯1本 220円~
抜歯 乳歯 390円
前歯 450円
臼歯 780円
難しい抜歯 1,410円
埋伏歯 3,150円
3,450円(下の埋伏歯)
根の治療 神経を取る
(化膿したときの治療)
薬の交換 レントゲン1枚(薬充填の際)
単根 770円(480円) 80円 730円
2根 1,390円(1,300円) 90円 870円
3根 1,940円(1,410円) 120円 1,030円
詰め物 レジン使用(削って詰めるまで1日) 690円~890円
銀歯 型どり(小さいもの) 580円~
型どり(大きいもの) 700円~1,120円
小さい銀歯 980円~1,700円
大きい銀歯 2,600円~2,900円
前歯の被せ物 型どり 2,200円~2,700円
装着 4,970円~
マウスピース 歯ぎしり防止、顎関節症の治療のため
※型どり料金も含む
7,000円~
入れ歯 型どりから装着まで 5,000円~15,000円
※歯の本数・設計・維持装置の材質による

自費診療と保険診療の違い

自費診療と保険診療の違い

歯科診療には「保険診療」と「自費診療」があります。保険診療は治療費用の負担が一部で済むので比較的安価で、自費診療は患者様が全額負担するので比較的高額ですが、本質的な違いは、保険診療は治療方法や素材に制限があるのに対し、自費診療はさまざまな選択肢から治療法を選べる点です。

保険診療は機能回復が目的です

保険診療の目的は短期間に機能回復することで、全国どこでも同じ治療を同じ費用で受けられます。いいかえれば、治療に使う器具や方法、そして使用する素材がかぎられています。保険診療の場合、見た目の美しさや自然さ、装着感や使用感、治療の精密さには重点をおいておらず、また長い治療時間もかけられません。

長い目で見ると自費診療がおすすめです

歯科医療は日々、進歩しています。そして優れたあたらしい治療技術や素材、設備が開発されています。歯の機能性の回復とともに自然に見える美しさや、快適な使用感、さらに再発のリスクを抑える精密さを追求する治療方法を選択できるのが自費診療です。

セラミックを使ったメタルフリー診療は自費診療です。セラミック素材でつくる詰め物や被せ物は機能回復とともに自然な美しさも得られ、金属アレルギーの心配もありません。顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療も自費診療ですし、金属床などを使った入れ歯やフィット感がある素材を使った入れ歯も自費診療です。

自費診療 保険診療
費用
  • 全額、患者様負担
  • 医院によって治療費が異なる
  • 治療費は一部負担
  • 全国どこでも一律料金
治療法・素材
  • さまざまな選択肢がある
  • 治療法に制限がある
治療時間
  • 時間をかけられる
  • 丁寧に治療できる
  • あまり時間をかけられない

医療費控除について

医療費控除について

医療費控除とは、1年間に支払った医療費が10万円以上(または年間所得金額が200万円未満の場合は5%を超えた金額)の場合、確定申告の手続きによって、一定の金額を所得金額から控除される制度です。確定申告は毎年2月16日?3月15日までとなっています。控除を受けるためには領収書が必要ですので、医療機関に診てもらった場合は領収書を必ず保管しておくようにしましょう。

  • 1年間とは1月1日~12月31日までです
  • 生計を一つにする家族の医療費の合計です
  • 医療費には医薬品代や通院費も含まれます
  • 家族の同居、別居は問いません
  • 医療保険などで補填される分は合計医療費に含まれません
  • 医療費控除の限度額は200万円です
  • 医療目的ではなく、美容目的の処置の費用は含まれません

詳しくは当院スタッフまたは、お近くの所轄官庁や税務署にご相談ください。